クラウン徳間ミュージックショップ

富樫雅彦=菊地雅章コンチェルト

形式:
CDアルバム
発売日:
2016年02月24日
品番:
YZSO-10064
価格:
¥2,593(税抜)
¥2,852(税込)

レーベル:
スタジオソングス
発売日3週間前までのご注文→発売日お届け
上記以降のご注文→発売日以降、順次お届け

※通常商品と予約商品は同時に購入できません。ご了承ください。
SOLD OUT

商品説明

この7月に夭折した孤高のピアニスト、菊地雅章と富樫雅彦が1991年、15年ぶりに共演した名盤。
スイングジャーナル選定ゴールドディスクとして衝撃のリリースから25年ぶりの再発!

富樫雅彦アーカイブス番外編。この7月に惜しまれつつ夭折したピアニスト菊地雅章。彼が1972年ニューヨークに
移住して以来共演の機会が途切れていた盟友富樫雅彦と15年ぶりに再会して録音された1991年のアルバム。
発売時「スイングジャーナル誌選定ゴールドディスク」として大きな話題を得た名盤を実に25年ぶりに再発いたします。

【プロフィール】
菊地雅章=東京都出身。太平洋戦争中に福島県会津若松市に疎開。6歳でピアノを始め、18歳でプロとして活動開始。
1960年代には美空ひばり、渡辺貞夫、日野皓正などと共演。1968年にはソニー・ロリンズの日本ツアーに帯同し、同年
バークリー音楽大学に留学。1969年に帰国。1970年発表のアルバム『Poo-Sun』では、マイルス・デイヴィスが押し進め
ていたエレクトリック・ジャズの手法を、日本ではいち早く体現。
1970年代にはマル・ウォルドロン(1971)、ジョー・ヘンダーソン(1971)、エルビン・ジョーンズ(1972、1973)、ギル・エヴァンス
(1972年7月、1977~1979年、1980年)、ジョニー・ハートマン(1972)、ソニー・ロリンズ(1974年ボストンでのコンサート)等と
共演。また、1972年公開の映画『ヘアピン・サーカス』(監督:西村潔)の音楽も担当。1976年、日野皓正、アル・フォスター、
スティーヴ・グロスマン、デイブ・リーブマンとアルバム『WISHES/KOCHI』を録音した。1978年にはマイルス・デイヴィスとも
セッションを行ったが、その時の音源は今も公式には未発表となっている。この際にアル・フォスター、ジャック・ディジョネットと
共演した。1990 年以降、ゲイリー・ピーコック、ポール・モチアンと共演した。1995年、アルバム『ACOUSTIC BOOGIE』、
1996年のツアーでグレッグ・オズビーと共演した。また、1996年にへレン・メリルのアルバム『あなたと夜と音楽と』の録音に
チャーリー・ヘイデン、ポール・モチアンと共に参加した。2015年7月7日、ニューヨークの病院で死去。

【収録内容】
[CD1]
1. トゥー・イン・サイレンス
2. ウォーキング・ステップ
3. ポーズ
4. メモリーズ
5. キッズ・ナップ
6. オール・ザ・シングス・ユー・アー
7. ミステリオース
[CD2]
1. ライディング・ラブス・エコーズ
2. リライティング
3. メザメ
4. リトル・アイズ
5. パッシング・ブリーズ
6. ウートビックリングサング
7. アンバランス

富樫雅彦(パーカッション)
菊地雅章(ピアノ)
録音:1991年4月16、17日 銀座、音響ハウス
原盤:日本クラウン